オートロックのメリットとデメリット

安心して暮らすならオートロックがおすすめ

マンションで一人暮らしをしたいと考えている方の中には、賃貸マンションを探すにあたり物件に対する希望の条件として、オートロックが完備しているかを重要視するという方も多いと思います。オートロックの最大のメリットとして挙げられるのが安全面の高さです。住人以外は住人の許可無しに居住エリアに入ることが出来ないため、外部の人間が簡単に入れないようになっています。また、応対したくないセールスマンが来た場合、顔を合わせることなくインターフォン越しに断れますし、カメラの画像を確認した上で居留守を使うことも出来ます。こうした安全面面の高さにより、空き巣に狙われにくいという点もオートロックのメリットと言えるでしょう。

オートロックにはデメリットもある?

オートロックのデメリット面として、共用部分に集合郵便受けがある場合は、いちいち鍵を持って降りていかなければならない点が挙げられます。停電などで建物から出られなくなったり、逆に入れなくなることも考えられます。安全と言われるオートロックですが、メンテナンスがきちんと行われておらず、故障していたら何の意味もありませんし、住人と同じタイミングで不審者に侵入される可能性もあります。また、オートロック完備という安心感から、部屋や窓の施錠がおろそかになる心配もあります。オートロック物件で暮らす場合は、デメリット面についても良く知った上で、オートロックを過信しないようにして自分自身で防犯意識を高く持つようにすることをおすすめします。

一人暮らしや独身の方の場合、あまり広くない物件を選ぶケースが多いです。室蘭の賃貸はスペースの使い方を最大限配慮した造りになっており、スッキリとした仕様が特徴です。